美容皮膚科でしわ改善

Pocket

美容皮膚科ではさまざまな「美しさ」を作り出しています。特に加齢によってできるしわは、プチ整形で簡単に改善することができるため多くの女性に人気があります。一言でしわといってもさまざまなタイプがあります。表皮機能低下による小じわ、真皮機能低下によるしわ、表情筋の働きによるしわなどがあります。

表皮機能低下による小じわは乾燥による小じわが多く、放っておくと大きなしわにもなっていきます。肌の質を高めるサーマクールなどマシンによる施術で目立たなくなります。また真皮機能低下のしわとなるとコラーゲンやヒアルロン酸などの肌の成分が不足した加齢による場合がほとんど。ヒアルロン酸注射やボトックス注射などがおすすめです。また表情筋の働きによるしわは、マリオネットラインや目尻のしわなどがあります。

また目の下から頬に流れるゴルゴライン。しわと言われていますが皮膚の表面のしわとは違い、ふっくらした部分の肉がそげ落ちてしわのように見えますが、凹みと言う方が正しいかもしれません。中年からだんだん気になり出すゴルゴ線はマッサージなどではほとんど効果はなく、目立たなくさせるためにはヒアルロン酸が一番良いと言われています。

このようにしわや凹みを大がかりな手術ではなく、プチ整形で軽く改善するだけでも5歳は若く見えるはず。美容皮膚科でもヒアルロン酸は6カ月程の持続があるので、気楽に打てるように価格設定も低くしているところも多いようです。上手に利用して若々しさを取り戻しましょう。